【婚活】相手男性に文句ばかり言う女性へのアドバイス

相手男性に文句ばかり言う女性は縁遠くなる:

「デートでの服装が気に入らない」「髪型がヘン」「ネックレスがシャツの中から見えた」「デートでの食事場所を予約してない」「食事の時の箸の持ち方がおかしい」「食べ方が上品でない」「エスコートの仕方がスマートでない」「話題や言葉の選択が不適切」・・・

お見合いやデートの時に相手男性のあら探しばかりして、せっかくの出逢いのチャンスを楽しめない女性が結構いるようです。

出逢いの初期は相手の良い所探しをして、結婚相手候補になり得るか見極めなければならないのに、うまく行かない理由探しばかりしていては時間の無駄です。

「私は常に正しいんだから、私のやり方・考え方に合ってない人は認められない」という不満を常に抱えているのですね。

こういう女性は、交際が進んでも、手をついだり下の名前で呼び合うことに抵抗を感じるようです。

堅物で潔癖症とも言えます。

自分が正しいと思っている規則や常識に忠実で、几帳面な性格ですが、その背景には、他人から批判されることへの極度の恐れが存在します。

このタイプの女性は、しっかりした社会生活を営んでいるように見えても、婚活市場では売れ残り、誰にも相手にされず縁遠くなる傾向を持っています。

ズルズルと歳を重ねて婚期を逃さないためにどうすればいいか、行動指針を述べたいと思います。

相手のやり方を受け入れよ:

男性は女性以上にだらしない生き物で、年を取っても子供っぽいところがあります。

しかもアラサーアラフォーくらいになれば、ある程度の人生経験は積んでいますので、無意識のこだわりや癖も持っています。

お互いに別の人生を歩んできたのですから、関心領域や知識の量も質も異なります。

時間とエネルギーを注ぎ込んできた分野もありますが、外見には無頓着でマンネリ化している部分もあります。

女性との付き合い経験が乏しければ、スマートに振舞えないこともあるでしょう。

これらは、どれも些細なことです。

人間の本質的な価値とは無関係です。

縁あって出逢うことが出来たのですから、自分との違いを楽しむという心の余裕が大切です。

まずはじっくり観察し、質問し、相手のことを知ることに集中しましょう。

「相手は自分と違って当然だ」という基本認識を持ちましょう。

文句を言うのではなく、行動で模範を示せ:

相手のやっていることが事故やケガにつながるならば、その場で注意して止めさせる必要があります。

そうではなく、単なる趣味関心の違い、自分の予想に反する事象程度だったら、文句を言ってはいけません。

「自分が正しい」という上から目線で注意をしても無視されるだけですし、反発されることもあるでしょう。

マナーの関係で問題を感じるなら、アナタが率先して模範を示しましょう。

もしも本当にあなたの行動が素晴らしいものなら、相手は自然と真似するハズです。

もちろん時間はかかりますが、ある程度待つことは必要です。

また、服装や髪型を直したいと思うなら、より良いものを提案するといいでしょう。

一緒に買い物に行って選んだり、プレゼントしたり、髪型なら似合いそうなモデルの写真を渡すとか、角の立たない方法はあるものです。

デート内容が気に入らないなら、「今度は〇〇に行きたい」と素直に言うのが賢い女性です。

独善的な怒りを自覚せよ:

自分の基準や方法と合致していない時、アナタは相手男性に怒りを覚えるでしょうが、付き合いたての時はあからさまなケンカ腰の態度は見せないですよね?

代わりに、紹介してくれた結婚相談所のカウンセラーに文句を言ったり、交際お断りをするのが普通です。

しかし、その怒りは正当なものでしょうか?

将来につながる生産的な態度ですか?

アナタが感じる怒りは、あなたの乏しい経験や知識に基づいたものがほとんどです。

思い込みとか妄想の類と言った方がいいでしょう。

独善的な怒りに任せて相手を非難し続けても、新しい価値も関係性も生まれません。

柔軟で大らかな態度でやり過ごす習慣を身に付ける必要があります。

まとめ:

自分のやり方や考えをひたすら相手に押し付ける態度は、独善的でエゴイスティックなものです。

みんなから嫌われます。

モテる人は、大らかな態度で柔軟に対応する能力を持っています。

柔軟性がなく頑固な人間は、ある時にポキッと折れてしまう可能性が高いのです。

精神的に弱い証拠です。

この手の弱さを持っている女性は生涯独身になる可能性を覚悟しましょう。

自分の弱さと対峙して、自分を変える努力をしましょう。

相手を変えようとするより、自分を変える方がはるかに楽で有益なのですから。

アナタをサポートする結婚相談所情報:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点まで到達。 男性既婚者です。 自分の知識と経験を活かし、恋愛・婚活・結婚について書いています。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です