彼女が欲しいアナタに送る「上手いあいづち」の仕方

はじめに:

「気になるあの娘をデートに誘えたけど、うまく行くだろうか?」

「婚活でパーティやお見合いをしてるけど、硬くなりがちな雰囲気を和らげるにはどうすればいいだろうか?」

こんな悩みを持っておられる男性は多いと思います。

気楽な楽しい雰囲気にして二人の親密度を上げる方法は、意外に簡単です。

会話を楽しくすればいいのです。

どうすれば楽しい会話になるか?

それは、相手の発言に対する反応の仕方、すなわち、相槌をどうやって行うかに大きく左右されます。

この記事では、みんなが出来ているようで意外にできてない基本的な相槌の仕方について述べたいと思います。

会話における相槌の具体例:

1)相手の発言の認知・肯定

爽やかで温かくて優しい笑顔で、相手の目を見ながら、相手の発言を受け止め、肯定しましょう。

「へえ、そうなんだ」
「なるほど」
「確かにそうだね」
「もちろん!」
「いいよ」
「それは楽しそうだな」
「よかったね」
「大変だねえ」
「ああ、あれね」
「わかった!」
「任せてくれ」
「やっぱりね」
「つまりこういうことだね(言い換え)」
「僕も同じだよ」
「詳しいんだね」
・・・

2)相手発言に対する疑問・つっこみ

相手への理解を深めるための関連質問も効果的です。

「それはどうかな?」
「え、本当!?」
「それはどういうこと?」
「そんなんでいいの?」
・・・

上記1)、2)のような相槌は、相手を次のような気持ちにします。

「この人は自分という存在価値を認めてくれている」「この人は、自分に興味をもってくれている」

「話してよかった」→楽しい気持ち

「ずっと一緒にいたい」「また会いたい」

恋人になりたい

どうですか?簡単そうに思えますか?

まとめ:

様々な相槌のバリエーションについて書いてきました。

これらの相槌を形だけ真似ても意味がありません。

行動としての相槌を背後で支えているのは、相手への気遣い・思いやりです。

相手の気持ちに配慮すること、相手の気持ちを理解できること、すなわち共感能力が必要なのです。

堅物で杓子定規で、自分の考えを他人に押し付ける習慣が身に付いている人、悪い意味で空気が読めない自己チューの人には難しい芸当でしょう。

一見大人の配慮を見せることが出来ているようでも、何か感じの悪い人がいます。

自分が批判された時に言い訳ができるように予防線を張っているだけ、ということはないでしょうか?

自分が悪者になっても構わない、エゴを捨てて相手の気持ちに寄り添うという優しさが、うまい相槌には不可欠なのです。

たかが相槌、されど相槌ですね。

この記事が、彼女が欲しくて毎日頑張っている人のお役に立てば幸いです。

【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

The following two tabs change content below.

J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。