バツイチアラフォー女性が再婚したい場合の基本戦略

 バツイチアラフォー女性が再婚したい場合どうすればいい?

YAHOOの知恵袋に投稿されていた相談内容を以下に要約します。

**********************

昨年離婚した36歳女性です。子供はいません。

再婚するために婚活を始めましたが、なかなか上手く行きません。

合コン・街コン・婚活パーティでは、結婚意識が低くて遊び目的の男性が多い印象を受けます。

年下、同い年、年上の方と会いましたが、好きになれるまで行きません。

36歳という年齢とバツイチという婚歴に劣等感を感じています。

恋愛したいと思いますし、相手男性の外見や年収も気になります。

社交的な性格ではなく、このまま一生独身の選択肢も頭に浮かびます。

しかし、いずれ子供を欲しいと思うので、婚活を休んでいる暇はないと焦っています。

今後どうすればいいでしょうか?

**********************

相手男性に求める条件はこれだ!

この相談女性が再婚に当たって相手男性に求めるべき条件は下記のとおりです。

1)年齢

アラフォーから50代の男性が現実的です。20代や30代の男性は、妊娠出産を考えて20代の女性を望むのが普通です。ない物ねだりをしても始まりません。アラフォー以上の年代ならば、年収もまあまあのレベルで安定している可能性が高いです。

2)婚姻歴

この相談女性がバツイチなので、普通の初婚男性からは敬遠されます。元妻と離婚や死別をして再婚を望む男性が良いでしょう。お互いにツライ体験をして相手を思い遣れる状態だと話がスムーズに進みます。また、結婚歴がある男性は、恋愛や結婚生活の経験があるので女性の扱いもスマートのことが多いです。別の女性から一度は太鼓判を押された実績は大きいのです。モテる雰囲気の人もいるでしょうから、恋愛対象としては有望です。

結婚相談所には、男女交際の経験が無いモテないタイプの男性も大勢いますが、社交的でないこの相談女性がそういう男性の相手をするのは少し辛いのではないでしょか?また、バツイチ男性を対象とするなら、30代の男性も候補者としてあり得ます。

3)子供

この36歳の女性は、いずれは子供が欲しいと言っています。40代以下ならともかく、50代以上の男性は子作りを望まないかもしれません。

再婚男性の場合は、連れ子がいる場合があります。連れ子を家族として受け入れる心の準備も必要です。候補者の選択肢を増やすためです。相手男性が立派な人なら、子供もまともに育っている可能性が高いです。助け合える家族は多い方がいいのではないでしょうか?

現実直視と柔軟な態度がカギ:

どちらにしろ、身元未確認の遊び人が跋扈している婚活サイトではなく、親切なカウンセラーがサポートしてくれる結婚相談所に登録するべきです。

お金はかかりますが、結婚への意識が高い人を紹介してもらいましょう。

なるべく早く成婚したいなら、最適な選択肢といえるでしょう。

再婚者可という選択肢は、心理的に抵抗があるかもしれません。

しかし、大切なのは離婚に至った原因と、それを教訓としてどう生かしているかです。

離婚者=負け組という発想は単純すぎます。

他の人があまり望まない領域はブルーオーシャンでもあります。

ハイスペックの初婚イケメンを追いかけて、若い初婚女性たちと同じ土俵で競うなんて自爆行為です。

自分が置かれた現実を直視しましょう。

そして、自分の願望だけでなく、社会に貢献するために自分が出来ることは何かという視点も持ちましょう。

それが、人生経験を積んできた女性ならではの賢明な考え方だと思います。

アナタをサポートする結婚相談所情報:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点まで到達。 自分の知識と経験を活かし、恋愛・婚活・結婚について書いています。 どうぞよろしくお願いいたします。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です