交際経験なし男が婚活の不安を払拭するためのアドバイス

ある独身男性の投稿内容を紹介:

2017年の11月、ヤフーの知恵袋に35歳の独身男性が投稿をしていました。

婚活に関する悩み相談ですが、下に要点を記します。

要点始め
**********************
中学・高校は男子校。

大学も男子ばかりの環境で過ごした。

職場も男のみ。

今まで女性と付き合った経験はゼロ。

そもそも女性と関わったこともない。

性格的には人見知りで話下手。

これから結婚相談所に行こうと思っている。

お見合いで何を話せばいいのか、どう振舞えばいいかさっぱり分からない。

デートや交際は何をすればいいの?

結婚相手をどう選べばいいのか、見当がつかない。

結婚相談所はアドバイスをしてくれるのか?

希望よりも、不安・緊張・恐怖が先立つ。

何か注意点やアドバイスをください。
**********************
要点終わり

自分の殻を破ろうとする行動力

今まで女性がいない環境で過ごしてきたが、年齢的にもさすがにヤバイと感じたのでしょうか?

男ばかりの環境で一生を終わることを良しとせず、重い腰を起こしたその行動力には敬意を表せざるを得ません。

私の周囲には、30代はおろか、40代になっても、まともに行動しようとせず、惰性に流されて独身を続けている者が大勢います。

この投稿男性は、本やテレビで女性の知識は得ているでしょうが、女性との交際経験がありません。

つまり、全く未知の事柄にチャレンジしようとしているのです。

チャレンジしようとしているというより、すでにチャレンジを開始した、と言った方が適切です。

数ある手段の中から結婚相談所を選んでいます。

実生活ではアドバイスをくれるような人はいないので、ヤフー知恵袋という手段を使って、専門家の意見を集めようとしています。

今の時点で、この男性は婚活成功への第一歩を踏み出したと言っていいでしょう。

自分の殻を破るということは、自分自身と対峙し、自分を変えるということです。

ある意味居心地の良い従来の生活習慣に浸り続けることを拒否したのです。

誰に強制されるでもなく、自分の意志で、結婚するという未来を選択したのです。

結婚するのが大変な時代?

例えば明治時代は、本人たちの自由意思で結婚することは許されませんでした。

家同士・親同士が話し合って結婚相手を決めていたのです。

社会自体が、自由な男女交際を許していませんでした。

年頃になれば結婚の話が来ますが、結婚相手と顔を合わせるのは結婚式の当日でした。

周囲が勝手に動いてくれるので、本人が主体的に婚活する必要がありませんでした。

人が個人として尊重されることがなかった暗黒時代の話です。

幸い現代は、本人同士の自由意思で結婚相手を選べますが、その代わり、本人の責任と判断で相手を見つけなければなりません。

店で買い物するのとは違うので、自分が気に入っても相手が受け入れてくれなければ結婚できません。

大なり小なり恋愛のテクニックと経験を要求されますので、昔と違って大変なのです。

よく親御さんたちは、いい年になって独身のままの子どもに対し、「早く結婚しろ!」「早く孫の顔を見せて親孝行しろ!」と文句を言いますが、結婚相手を連れてきてくれることはありません。

心配で心配で文句を言いますが、口だけなのです。

女性がいない環境下でずっと過ごしてきて、女性との交際経験もない人にとって、そんな文句は何の役にも立ちません。

周囲の文句や冷やかしに対して殺意を抱いてもおかしくないでしょう。

人見知りや話下手が有利に働くことも

下を向いて自信なさそうにボソボソと喋るだけでなく、話の内容が分かりにくく支離滅裂なので、いつも周囲の人間を疲れさせている人が私の職場にいました。

しかし、本人は「自分は声が大きく、優秀で、みんなから頼りにされている」と勘違いしていました。

ギャグに聞こえるかもしれませんが、実話です。

しかし、冒頭の婚活相談を投稿された男性は、自分のことを「人見知り」「話下手」と表現しています。

自分の欠点と思われることを正直に表現しています。

正確な自己分析ができているということは、かなり優秀な人なのです。

うぬぼれや勘違いは愚か者の専売特許ですが、この婚活男性には現実を直視する強さがあります。

これは婚活を進める上で大きな武器になります。

さらに、「人見知り」「話下手」は、悪いことばかりではありません。

自分をアピールするのが苦手な人は、真剣に人の話に耳を傾けるのが得意な傾向にあります。

お見合いやデートをする相手の女性からすれば、興味もない話を一方的に聞かされるくらいならば、自分の言うことにキチンと耳を傾けてくれる男性の方が好印象です。

より良い人間関係を築き、自分の思惑通りに状況を動かしたい場合は、しゃべるよりも聞く方が重要なのです。

営業マンでも押し売りよりは、お客の要望に耳を傾けるタイプの方が優秀な成績を収めます。

婚活でも同じです。

エンターテイナーとして女性を笑わせる能力は必須ではありません。

大切なのは、気遣い、思いやり、誠実さです。

女性経験がないのは気にする必要なし

学生時代を男子校で過ごしていると、女性が同じ人間ではなく宇宙人のように感じてしまう場合があります。

「女性って何?」「女性と付き合うってどういう意味?」「女性には言葉が通じるの?」

女性と交際経験がないと、女性が未知の存在になってしまい、理解不能となります。

これは経験を積み重ねてギャップを埋めるしかありません。

書籍でどんなに知識を仕込んでもダメなのです。

お見合いする前は抵抗感・恐怖感・不安でいっぱいかもしれませんが、実際経験してみると、そんなに大したことはないと分かります。

同じ人間だし言葉も通じる、ということが理解でき安心します。

この婚活男性は大学を卒業後、10年以上会社勤めをされて、仕事上の実績もありますので、基本的な社会常識や人間関係構築能力は持っているわけです。

女性との交際経験が欠落していても、それ自体は致命的なものではありません。

経験や知識の不足などは、どうにでも補えます。恐れる必要はありません。

逆に、女性との交際経験が豊富でも、貧しい人間関係しか築けない社会病質者も多いです。

チャラい男を少し観察してみれば分かることです。

結婚相談所という手段は適切である

女性との交際を非日常的と感じてしまう男性の場合、最初は、合コン・パーティ・婚活サイトは避けた方がいいでしょう。

結婚相談所には専門家の立場からアドバイスやサポートをしてくれる人がいますので、相談所はベストの選択と言えましょう。

自分の持っている結婚相手のイメージや、自分の性格・価値観と合いそうな人を紹介してもらえます。

結婚相談所というサービスを生かすも殺すも利用者次第です。

幸い、この婚活男性は自分の殻を破ろうとする行動力を持っていますから、その熱意を態度で表せば、カウンセラー側の対応も真剣になるでしょう。

不器用でも、真剣でヤル気のある人を応援したくなるのは人間の性です。

身だしなみ、交際の進め方、プロポーズの仕方まで、いろいろと相談できます。

決して安くはない料金をもらって「相談所」という看板を掛けているのですから、遠慮なく相談すればいいのです。

お見合いやデートなど女性との交流が日常的な風景に感じられるようになったら、パーティなどに参加して「異次元空間」を楽しんでみるのも面白いでしょう。

親身なカウンセリングやサポートを売りにしている結婚相談所を選ぶべき

結婚相談所のすべてが良心的とは限りません。

儲け優先で、会員登録させたら後はほったらかしでは話になりません。

カウンセラー一人当たりの会員数が多すぎて、きめ細かいアドバイスができないのは困ります。

下記リンク先の記事に、おすすめの結婚相談所を紹介しています。参考にしてください。

おすすめの結婚相談所を紹介:ネットの口コミを気にし過ぎてはいけない理由

はやく目標を達成したい人は、デートの練習サービスを利用してみるといいでしょう。

適切なフィードバックが確実に得られ、正しい認識と改善を行い、次のステップに進むのが無駄のない合理的な戦略と言えるからです。

興味のある人は下リンク先の記事をご覧ください。

「彼女ほしい」「彼女いない歴=年齢」の人へ贈る「彼女の作り方」

結婚相手の選択方法

最終的にだれと結婚するのか決めるのはあなたです。

結婚相手を決めるには、その判断基準がしっかりしていなければなりません。

女性経験に乏しいから・・、というのは言い訳になりません。

逆に女性経験が豊富でも、いい加減な判断基準しか持っていない場合も多いですね。

自由意思で結婚したにもかかわらず、離婚する人の割合が高いのをみればわかります。

離婚はツライ体験です。

何年という時間や、何百万円というお金の損失につながります。

人生を遠回りし過ぎるのも問題です。

賢い選択をしたい人は、下記リンク先の記事を参考にしてください。

結婚相手に求める条件は顔?職業?年収?選び方知ってる?後悔したくなければこれを読むべし!

諦めなければ失敗はない

この記事は、女性経験のない男性が婚活を始める場合のアドバイスになっています。

記事冒頭で紹介した35歳の独身男性は、専門家の意見を求めて知恵袋に投稿しているだけでも立派です。

計画性と行動力が感じられます。

その行動のおかげで、この男性はたくさんの回答を得られました。

堅実で実直であろうこの男性は、アドバイスを活かし、面倒事から逃げず、改良改善を重ね、粘り強い試行錯誤を繰り返されているのではないでしょうか。

実際に行動を始めた時点で、将来の成功はほとんど決まったも同然といえます。

本当に成功するのに必要な条件は、「あきらめないこと」です。

目標を達成する方法は、かならず存在します。

婚活カウンセラーをはじめ、生かせる資源をフル活用し、行動を継続している限り失敗はありません。

不確定要素が伴う事案は不安が付きまといますが、それは誰でも同じです。

その不安を乗り越えて新たな経験・見識を得れば、それは本業の仕事にも必ずプラスに働きます。

婚活と言うのは一見、効率が悪い活動に思えるかもしれませんが、人生に無駄な活動は一つもありません。

女性経験ゼロで婚活を始めようとしているあなた、不安・恐怖・緊張に悩まされているあなたに対するアドバイスが役に立てば幸いです。

以上

Pocket