英語のアウトプット方法をアメリカ人講師から手軽に学ぶ方法

「英語の辞書を使って時間をかければ文章を理解できるけど、いざ話そうとすると言葉が出てこない」
「Skype英会話は、どうしても自分に合わなかった」
「英会話教室に通うのは面倒だ」
「どうしてもネイティブスピーカーの先生から教わりたい」
「忙しいので、空き時間を有効に使いたい」
「単なるTOEIC点数対策ではなく、実践的な英語運用力を身に付けたい」

そんなあなたに、朗報です。

スマホという便利な機器を活用して、英語を「しゃべる+書く」というアウトプットを行い、実践力を身に付けるサービスを紹介します。

毎日のアウトプット習慣で、使いたいときに使いたい英語が使える!【 HiNative Trek 】

スマホを使ったサービス内容の概略を以下に記します。

1、平日の毎日、課題が届きます。
2、自分でライティングとスピーキングを行い、それをを投稿します。
3、13時までに投稿すれば、その日のうちにアメリカ人の先生が音声つきで添削してくれます。

出典:株式会社Lang-8

4、最大3往復まで、先生に質問をすることができます。
5、やり取りはデータとして残るので復習できます。

メリット:
・予約をする必要がありません。
・アメリカ人の先生とリアルタイムでやり取りをする必要がない。いつでもどこでも自分の都合で投稿作業が出来ます。
・忙しくて、その日にこなせなかった課題は、後日まとめて提出できます。
・価格は、1日あたり約400円。コーヒー一杯の価格です。
・非ネイティブのブロークンイングリッシュに悩まされません。
・マーク・ザッカーバーグやアメリカの副大統領の同時通訳を担当した関谷英里子さんが教材を監修しています。

出典:株式会社Lang-8

日本人は、中学・高校を通じて、読む・聞くという受動的作業を中心に行ってきました。

自分の考えをしゃべる・書くという能動的なアウトプット作業が足りないのです。

相手に何かを伝えたい場合、「どういう表現がいいかな?」と自分の頭で考えることが大切です。

そうして編み出したアウトプットを相手に伝え、適切なフィードバックを受けることで本物の英語運用力が身に付きます。

自分でしゃべることができる内容なら、聞くのは簡単です。

自分で書くことができる内容なら、読むのは簡単です。

スピーキングはリスニングに、ライティングはリーディングに好影響を与えます。

相互に関連しているのです。

結果として、TOEICの点数をアップさせることにもつながります。

忙しい生活の中でも英語を実践する機会を増やしてください。

1日あたりコーヒー一杯の価格で効率よく学ぶサービスを是非とも試してみてください。
リンク↓
実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】



以上

Pocket