転職希望者が転職エージェントに相談すべきなのはナゼか?

・自分で探せる情報の範囲は狭い

スマホも含めてインターネットは誰でもいつでも利用できるツールです。

新聞、テレビ、書籍は利用せず、すべての情報をネット上から得て生活している人も珍しくありません。

若い世代ほどその傾向が強いと言えます。

しかし、インターネット上に流布する情報は、ある意味狭く、また偏っています。

ある検索キーワードを入れてググると記事の一覧が表示されますが、どの記事を読んでも同じような内容であることに気付くこともあります。

世界中のすべての人間が所有しているすべての情報がネット上に登録されているわけではありません。

結論を言うと、ネットは手軽で便利な情報収集ツールですが、決して万能ではありません。

今のあなたが抱えている問題を解決するために必要な情報を過不足なく提供してくれるとは限らないのです。

特に、転職のような人生の大切な節目に関わる繊細な意思決定をしなければならない場合は、ネット上でググって得た情報だけでは不足していますし、それだけに頼るのは危険だと言えましょう。

転職エージェントと言われる人材紹介システムやコンサルタントたちは、その専門性を生かして、ネット上には公開できないノウハウをフル活用してあなたをサポートしてくれます。

・非公開情報も得られる

転職エージェントが保有している求人情報は豊富でありデータベース化されていますが、すべてがインプットされているわけではありません。

ワケあって非公開になっていたり、未登録の最新情報も存在します。

コンサルタントと会う必要がない転職サイトはある意味気楽ですが、そのような非公開情報にはアクセスできません。

非公開情報があなたにとって必要でないと言い切れる根拠はないはずです。

・自分の立場や能力を客観的に把握しやすい

世界中のことをすべて知っていそうな大学者であっても、自分自身のことは良く分かっていないことは珍しくありません。

自分の性格や能力を自分で正しく把握・理解するのはとても難しいことでです。

むしろ、他人の方が自分のことを良く分かっている場合が多いのです。

悔しいですけれど、これは事実です。

自分の顔を自分では見れないのと同じです。

転職エージェントに登録してコンサルタントとの面談(無料)を受けると、あなたの状況を客観的に把握できます。

能力、実績、資格などの棚卸を手伝ってくれます。

今の職場を辞めたい理由、辞めるべきでない理由、将来の夢・希望、転職先で具体的にやりたい仕事内容なども分かってきます。

一人で悶々と考えていた場合と比べて、10倍以上視野が広がったと感じるはずです。

ネットを介してではなく、人間と人間が直接顔を合わせてコミュニケーションするという手法は強力です。

転職エージェントの事務所まで出向かねばならないという手間はありますが、それを補って余りあるメリットです。

一般に、自分のことを優秀だと勘違いしている人は多いですが、現実の能力はそのうぬぼれの十分の一程度だと思った方がいいでしょう。

今の職場で培った能力は、今の職場でしか通用しないことも多いのです。

無能上司へのゴマスリで昇進できたとしても、そんなのは厳しい世間では評価されません。

管理職としての肩書がついていると立派に見えてしまうかもしれません。

しかし実務から離れて、トップのご機嫌取りに毎日神経をすり減らすしか生き延びる術がなくなったサラリーマンほど哀れなものはありません。

調整能力、管理能力、コミュニケーション能力と言えば聞こえはいいですが、実際には選択肢がなくなった奴隷なのです。

転職エージェントと面談すると、場合によっては鼻っ柱を折られてしまうかもしれません。

「自分の能力は実際にはこの程度なのか・・」「自分は世間知らずだった」・・と衝撃を受けるかもしれません。

しかし、そういった体験は貴重だと思います。

世間知らずのまま勘違いしたまま転職活動をしたら、結果は悲惨なものとなります。

気付くのは早い方がいいのです。

・自分の希望や能力に合った求人を広い範囲から紹介してもらえる

転職エージェントとの面談を経て、広いデータベースからあなたに合った求人を紹介してもらえます。

公開+非公開情報の中から、その時点での最適解を選んでくれるのです。

それを専門としている人たちですから、とても心強いものです。

自分で探して見つけ出すのは事実上不可能だということが分かります。

求人票には詳細な情報が書かれていますから、メールで送られてきたものを読めばいいのです。

中には、その会社の雰囲気など、エージェントが直接現場訪問・インタビューして得た情報も含まれていることがあります。

数字では表せない情報ですね。

あなたがすべきことは、それらの情報を確認したうえで、応募したいかどうか意思決定することです。

・自分の正しいアピール方法を確認できる

履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれます。

特に職務経歴書の書き方は意外に難しいので、エージェントのノウハウが発揮される場面です。

求人企業は、職務経歴書の行間を読んで忖度してくれることはありません。

書かれてる内容だけから判断します。

従って、効果的なアピールができるように職務経歴書の記載内容・方法には、特に気を遣う必要があるのです。

求人企業の了解が取れたら面接を受けることになります。

面接日時調整は転職エージェントが代行してくれます。

面接に不慣れな人のために、面接に関する具体的サポートを受けられます。

服装、言葉遣いなどの基本的なことから、想定問答など懇切丁寧に準備を手伝ってくれる場合もあります。

しかし、転職エージェントを利用すれば面接に必ず成功するワケではありません。

失敗した不採用になった時のフィードバックを、転職エージェントから受けられます。

不採用理由や原因を踏まえたうえで、次の機会に生かせばいいのです。

自分一人で応募して面接を受けたら、失敗した場合のフィードバックは受けられませんから対策のしようもないのです。

・スキルアップの研修サービスを無料で受けられることも

出産を機に退職し、再び復職したい場合にはキャリア上のブランクが生まれます。

そのギャップを埋めて最新情報を得るために研修会を受けられる場合があります。

また、未経験の業界に挑戦する場合は、応募に必要な資格や技能を身に付けるための研修サービスも用意されています。

よどんだ水は腐りますが、組織や社会の活性化の為には人材の流動化が必要です。

その流動化を妨げないよう、様々な工夫がされているのです。

必要な場合は遠慮せずに利用しましょう。

・給与交渉などを代行してもらえる

求人企業との給与交渉など、応募者では言いにくいやりにくい交渉を代行してくれます。

転職エージェントのコンサルタントに対しては、希望の給与を遠慮なく伝えてください。

・今の会社を円満退職するノウハウも教えてもらえる

立つ鳥跡を濁さず、です。

今の職場とは喧嘩別れではなく、円満退職しましょう。

それが、あなたの明るい未来を築く礎となります。

自分で出来ればいいですが、もしも困ったことがあったら、転職エージェントが相談に乗ってくれます。

・すべてのサービスが無料で受けられる

上記のすべてのサービスは無料です。

転職エージェントは応募企業から協賛金や報酬を受け取っているので、転職者本人の持ち出しはありません。

一人当たり、実質数十万円という単位の費用が掛かっていると思いますが、それらはすべて企業側の負担となります。

転職者にとっては、本当に便利で有難いシステムですね。

・最後に、オススメ転職エージェントの紹介

転職を成功させたいあなたへ、オススメの転職エージェントを紹介いたします。

下記のリンク先記事を是非とも参考にしてください。

1)IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職を考えている人へ

転職支援会社を探している人へ:IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGEEKLYに相談すべし!

IT知識ゼロのあなたが無料で研修を受け、短期間で就職する方法

2)薬剤師にオススメのサービス

ファルマスタッフはママさん薬剤師の味方!能力と時間を有効活用して高収入を得る方法とは?

薬局・病院・ドラッグストアを辞めたい薬剤師のための転職サービスとは?

3)ホワイト企業への転職を希望する20代の方へオススメ

【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

4)ワークライフバランスを重視して働きたい女性介護職へオススメ

女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】

5)ブラックな飲食店で働かされているあなたを救うための転職情報

飲食店を辞めたいアナタのための転職サービス情報

6)50代までの幅広い年齢層で、寮付き求人をお探しの方

即入寮可のお仕事なら【イカイジョブ】

皆様のご健闘をお祈りいたします。

以上

Pocket

IT知識ゼロのあなたが無料で研修を受け、短期間で就職する方法

IT業界での転職は、未経験者に不利なのか?

「IT業界で働いてみたい」

「しかし、IT業界は未経験だし、資格・知識を持っていない」

「こんな自分では相手にされないのでは?」

日々の仕事に納得がいかず、転職を考えている人は多いと思います。

モノづくりやインターネットが好きで、成長著しいIT業界で自分の力を試したいけど、学歴・職歴の不利さが頭をよぎり、躊躇してしまうのも無理はありません。

しかし、これはあなたの誤解であり、偏見であり、思い込みです。

あなたには十分にチャンスがあります。

30歳までの人が対象になりますが、今回は、IT知識ゼロの人が無料でIT研修を受けて、短期間で確実に就職を決める方法をお教えいたします。

無料で受けられるIT研修:



上記リンクの「ProEngineer」というプログラムでは、IT未経験者を対象として無料研修を行っています。

未経験者が挫折しやすいオンライン教育ではなく、対面授業にこだわっており、分かるようになるまで粘り強く、懇切丁寧に指導してくれます。

マンツーマンの直接指導ですから、分からない場合は遠慮なく質問できます。

1~2か月の短期間集中型で、効率よく、サーバー/ネットワークの知識を身に付けることができます。

なぜ無料なのか?

求人企業から協賛金を募ることで、研修費を賄うことができ、結果としてあなたの持ち出しは不要となるのです。

もしも途中で研修を辞めざるを得なくなっても、料金はかかりません。安心してください。

毎月、新しい授業プログラムが始まりますので、思い立った時に登録・申し込みが可能です。

まずは、見学会(無料)に参加して雰囲気を確認してみるのもいいでしょう。

出典:インターノウス株式会社のウェブサイト

9割以上の就職率がどうして可能なのか?

無料研修を受けることにより、IT関係の資格を1~2か月で取得することが可能です。

研修後は、数千というたくさんの求人に基づいて、就職のサポートをしてくれます。

履歴書の書き方、ビジネスマナーの指導、面接突破のためのアドバイスなど、専任カウンセラーがあなたの味方になってフォローしてくれます。

過去の就職決定率は9割以上という驚異の数字を誇っています。

心配はいりません。就職サポートもすべて無料です。

必要なのは、「IT業界で働いてみたい」というあなたの気持ちだけです。

下記リンク先の登録フォームに記入し、第一歩を踏み出してください(所要時間は30秒)。

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

IT関係の就職は他と比べて障害が少ない:

世の中には就職するための準備に長期間を要する職業がたくさんあります。

英語の通訳業もそのひとつです。

TOEICで900点近い点数に達して、ようやく入り口に立ったと言われるくらいです。

そこから長期間の訓練が必要で、通常は自腹を切って学校で学ぶ必要があります。

難しい資格を取得して、ようやく通訳業務を依頼されるようになるのです。

トータルで年単位の鍛錬が必要なのです。

こういう業種に比べたら、思い立って数か月以内に「資格取得+正社員として就職」が実現できるIT関係は恵まれていると思います。

変化が目まぐるしいのがIT関係の特徴といえますが、若い人にとってはチャンスが多い分野ですね。

IT関係は他の業界と比べて人の出入りが激しいですが、手に職をつけて活躍したい人は、下リンクのサービスを検討してみてください。

【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

なお、ネットワークエンジニアとして働きたい人向けには、下記のサービスもおすすめです。

就職するまで同様のシステムでサポートしてくれます。

リンク先を確認後、無料の説明会に参加してみてください。

ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)



以上

Pocket

ホワイト企業の特徴と見分け方:就活・転職希望者は必読!

はじめに:

サラリーマン(給与所得者)として生きていこうと思っている人にとって、雇う側の人間や組織がどんなものかは最大関心事項でしょう。

従業員を食いつぶすブラック企業に就職してしまったら悲劇です。

退職して再就職するには、時間と手間もかかりますし、できれば人生の遠回りは避けたいですよね。

この記事では、情報不足に陥りやすい弱い個人がホワイト企業に就職するための方法について述べたいと思います。

そもそも企業のあるべき姿とは?

ホワイトとかブラックとかを論じる前に、そもそも会社のあるべき姿をご存知ですか?

会社の経営者に求められる姿勢とは何でしょうか?

会社が大切にすべきステークホルダーは下記の順番であるべきです。

1)従業員や下請け社員を大切にしてるか?

2)顧客を大切にしているか?

3)地域社会に役立つ活動をしているか?

4)株主還元を心掛けているか?

意外かもしれませんが、企業の持ち主である株主への還元は一番後回しなのです。

一番大切にすべきは、組織を底辺で支えている従業員や下請け業者とその家族です。

彼らを粗末に扱って、組織の維持・発展はあり得ません。

彼らが働きやすい環境を整え、彼らが安心して暮らせる給与を保証してこそ、良質な商品やサービスが生まれるのです。

その結果得られた利益は、会社組織を継続させるために必要な手段となり、最終的には株主にも還元されます。

これが正しい姿であり、優先順位なのです。

日本で進むブラック化:

しかし昨今、アベノミクスとかいう「経済政策」の元、優先すべきことを間違えた逆立ちした経営が横行しています。

顧客軽視と従業員の奴隷化・消耗品化が当たり前のようにニュースから流れてきています。

過労死(=karoshi)という英単語が生まれてしまい、その奇異な労働慣行は国際社会から嘲笑の的になっています。

「日本人には個人の意思がないんですか?」てな感じです。

働き方改革という名の社員奴隷化推進を押し進めているのは、経団連という財界です。

経団連はお金の力で政府を操り、マスコミさえも支配下に置いて、我々の目と耳を塞いでいます。

この恐ろしいブラック集団は、月当たり100時間の残業を合法化しようとたくらんでいます。

過労死の犠牲になってきた無数の死者に対する敬意が全くありません。

経団連は、現在マスコミで「一流企業の集まり」ともてはやされていますが、全部ブラック企業と思って構いません。

個人個人をみれば普通の人もいますが、集団になると人間は何をしでかすか分からないのです。

ブラック企業の実態:

400兆円を超える内部留保が積み上がっても、従業員には還元せず、むしろ、非正規などの搾取労働者比率を増やしています。

富裕層・投資家の方ばかりを向いて、自己保身に走る経営陣の姿はあさましく、醜いものです。

経営幹部へのご機嫌取りのみが仕事になっている奴隷管理職は哀れなサラリーマンです。

末端奴隷従業員の使い捨てや、サービス残業という名の窃盗行為が多すぎて、労働基準監督署の検査が追い付かないくらいです。

顧客や地域社会への迷惑を顧みない厚顔無恥な態度をみると、もはや、社会的存在としての資格を失っていると言えます。

代表的な例として、東京電力という「一流企業」を挙げましょう。

・2011年3月に福島原発事故を起こしたが、被害者への賠償金を電気料金に転嫁した。
・その一方で、会社は空前の利益を上げている。
・国から多額の税金支援を受けているのに、経営幹部は誰も罰せられない。
・安全基準や避難基準がいい加減なままなのに、相変わらず再稼働・再稼働・・・
・国の保証を受けたうえで原発を輸出することさえ目論んでおり、学習能力が皆無である。
・拡散した放射性物質の情報を隠蔽し、地域社会の人々を健康被害に晒している。
・福島原発の事故現場では非正規労働者が危険な労働に従事し、しかも給与をピンハネされているのに見て見ぬふりをしている(搾取労働への加担)。

マスコミが報道しないのでご存知ないかもしれませんが、これが東京電力という「一流企業」の実態です。

企業経営のあるべき姿・原則からかけ離れた逆立ち経営だと言えましょう。

ホワイト企業の具体的実例の紹介:

ブラック企業の実態告発ばかりでは気が滅入ってしまうでしょうから、ホワイト企業の話もしましょう。

大学の研究者が企業の現場を歩き回って調査した結果をまとめた書籍が下記です。

日本でいちばん大切にしたい会社

新品価格
¥1,361から
(2018/4/9 19:00時点)

経営と人生を語る (日本でいちばん大切にしたい会社DVDブックシリーズ 経営者インタビュー編)

新品価格
¥37,584から
(2018/4/9 18:59時点)

「この会社を何とか応援したい!」「この会社を存続させるために自分に何かできることはないか?」「こんな会社で働きたい」

こんな感想を持ってしまう会社がたくさん紹介されています。

様々な業種の中小零細・大企業の実態を確認できます。

「日本でいちばん大切にしたい会社」は、第6巻まで発売されている人気シリーズです。

一冊でもいいですから、是非とも一読されることをオススメします。目から鱗ですよ。

関連記事リンク:

会社選びで重視すべきポイント、基準とは?就活生、転職希望者は必読!

ファンケルの健康食品・サプリをあなたにオススメするのはナゼか?

ネットの書き込みや求人案内は当てにならない:

スマホなど手軽な情報収集方法に頼るならば、ネットでの口コミが思い浮かぶでしょう。

しかし大企業にとって、、お金にモノを言わせて大量動員したアルバイトに書き込ませるくらい朝飯前です。

特に経団連傘下の「一流」企業には良心を期待してはなりません。

人間は組織に組み込まれると悪魔になることもできるのです。

失敗が許されない就職・転職において、口コミだけに頼るのは危険です。

検閲を受けにくいもの、書籍など信頼できるものを利用しましょう。

また、求人案内に記載されている表面的な条件から本質や実態を見抜くのは無理です。

給与、有給休暇、年間休日、残業、業種、企業規模、・・・

これらの数字・事実のどこをどう見れば会社の良し悪しが判断できるというのでしょうか?

たとえ同じ数字であっても、経営者の良心や哲学によって、その実態には天と地ほどの差が出ます。

非力な個人。情報弱者の頼もしい助っ人:

私が紹介した上記書籍以外に頼れるのが、ブラック企業を除外して紹介してくれる転職支援会社です。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】



関連記事リンク:

【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

専門家・エージェントによる現場直接取材によってブラック企業が除外されており、面接のサポートや給与の交渉もやってくれます。

しかも全て無料です!

利用しない手はありません。

あなたの人生を好転させるためにも、とりあえず無料のカウンセリングだけでも受けてみてください。

ご健闘をお祈りいたします。

以上

Pocket

薬局・病院・ドラッグストアを辞めたい薬剤師のための転職サービスとは?

薬剤師が今の職場を辞めたい理由は?

一般的に、薬剤師が勤める職場は女性の占める割合が非常に高いです。

男性ばかりの職場は人間関係が殺伐としがちですが、女性ばかりというのはいかがでしょうか?

本来、職場は男女比が同じくらいなのが一番楽しいものです。

女性ばかりの職場自体が悪いとはいいませんが、現在、あなたは居心地がいいですか?

仕事にやりがいがありますか?

あなたの上司はあなたの仕事を正当に評価していますか?

他人と比較して、給料の額に納得していますか?

結婚して産休を取った後、職場に復帰しやすいですか?

まさか、サービス残業なんてやらされてませんよね?

サービス残業は泥棒と同じですから犯罪です。すぐに、労働基準監督署に申告しましょう。

あなたは匿名のままで、会社に対して臨検を行い、圧力をかけてくれます。効果てきめんです。

あなたの勤め先は大切にしたい会社といえますか?

会社の経営者が大切にすべきもの、優先順位は次の通りです。

1)従業員とその家族
2)取引先
3)顧客
4)地域社会
5)株主

1)従業員や2)取引先を大切にして働きやす環境を整えれば、良質の商品やサービス・利益を生み出すようになり、それが3)顧客と4)地域社会の利益となり、最終的には5)株主にも還元されます。

利益とは、事業を継続させるための手段であり、目的ではありません。

最近の経営者は自己の保身のために短期的な利益を追い求め、株主へ高配当をしてご機嫌を取り、その一方で、従業員を消耗品扱いする風潮が強まっています。

原則と逆のことをやっているのですね。

従業員が疲弊した会社の商品は顧客からも見捨てられ、長期的に見れば会社の存続を危うくします。

あなたの勤めている会社・職場は、このような原則を踏まえた経営をしていますか?

もしも自滅型の組織ならば、あなたが一生かけて勤め上げる場所ではないかもしれません。

ファルマスタッフという転職支援サービス

転職を考える理由・原因は人それぞれですが、そもそも転職自体を「悪」と考える人がいます。

転職は敗北だとか、転職すると労働条件がもっと悪くなるとか、職場への裏切りだとか・・

すべて誤りです。誤解です。

人材の流動化は自然なことで、かつ、健全な現象です。

よどんだ水は腐りやすいものです。

あなたにとって、より良い条件の職場は存在します。

ただ、情報が不足しているので気付いていないだけです。

理不尽な環境で不満を抱えながら、ずっと働き続けるのは不合理です。

ファルマスタッフという転職支援サービスは、有能なあなたのために役立つ情報を無料で提供してくれるシステムです。

ファルマスタッフの薬剤師転職サポートが選ばれる理由



上記リンクは、東証一部上場の日本調剤グループが運営している転職エージェントです。

求人件数は業界No.1といっていいでしょう。

転職だけでなく、派遣として働きたいママさん薬剤師にとってもありがたい存在です。

よく、ネット上でいろんな職場の口コミが載っていますが、どこまで信用できるか怪しいものです。

ファルマスタッフは、求人先の職場情報を詳しく調査・把握し、求職者に提供してくれます。

職場の雰囲気や残業状況など、たとえマイナス情報であっても現場の生情報をもらえるのは助かります。

自分一人でネットの口コミ頼りで活動していたら、不安を抱えたままですし、賢明な決断など望めないでしょう。

さらに、ブランクがある方に対して、研修など教育支援する制度もあります。

面接のサポートはもちろん、給与などの条件交渉まで代わりにやってくれます。

あなたの心強い味方です。

登録・相談も含めてすべて無料!

繰り返しますが、転職サービスはすべて無料です。

別に裏があるわけではなく、求人企業側が報酬をファルマスタッフに払ってくれるので、あなたの金銭的負担はありません。

あなたが得することはあっても、損することはありません。

登録は、下記のリンク先で1分もかからずに出来ます。

ご登録はこちら

別に今の時点で、転職するかどうか決まってなくても構いません。

とりあえず、無料相談を1回利用するだけで、あなたの視野はグーンと広がります。

より多くの情報を得て、人より有利な立場に立ってみませんか?

ご健闘をお祈りいたします。

以上

Pocket

飲食店を辞めたいアナタのための転職サービス情報

戦慄すべきブラック企業の実態

自民党公認の政治家であるワタミ創業者(右)

「サイコパス(=psychopath)」という言葉をご存知ですか?

反社会性パーソナリティー障害の一種です。

本来ならば、刑務所とか、社会の中でも限られた範囲で行動すべき人間です。

サイコパスが責任ある立場になったり、国の在り方を左右する決定権をもったら大変です。

飲食店チェーンのワタミ創業者である渡邊美樹氏は、「一日24時間、一年365日死ぬまで働け!」というスローガンの元、40度の高熱を出しても従業員が休むことを許しませんでした。

社員が過労死しても全く無反省。

「うちはブラック企業じゃない」とテレビ画面の前で、見苦しい言い訳をしていました。

過労死社員の遺族を前にして、「じゃあ、週休7日なら幸せだというんですか!?」という意味不明の極論をぶつけ、ヒンシュクを買いました。

人の気持ちに共感する能力に乏しいというのが、サイコパスの大きな特徴です。

渡邊美樹氏は、自民党所属の参議院議員です。

選挙区ではなく比例代表でギリギリ当選したのですが、このような人物を公認候補にする政党をあなたは支持しますか?

類は友を呼ぶのです。

「ワンオペ」という言葉をご存知と思います。

ワンオペ育児という使われ方が最近流行っていますが、そもそも、飲食店舗を一人で運営する無茶な実態を表わしています。

有名なのがすき屋ですね。

一人なので休憩もできないし、トイレにも行けない。

客がたくさんいると対応できない。

洗いものができないので、汚れた茶碗が積み上がる。

ミスが起きる。

深夜営業では犯罪者のターゲットになりやすい。

その他、さまざまな問題点が指摘されています。

無理なワンオペを現場に強いているのは、経営者が目先の利益にしか興味がないからです。

安い人件費で済まして多くの利益を得よう、ということです。

質も悪いサービスで嫌な思いをするのはお客です。必然的に利用者が減ります。

従業員もドンドン辞めますし、悪いうわさを聞けば誰も応募しません。

とうとう、すき屋は休業や閉店が相次ぐことになりました。

自業自得です。

ブラック企業を一言で表すならば、「現代のインパール作戦」でしょうか。

旧日本軍の愚かな実態を歴史の授業でしっかり学べば、同じ過ちを繰り返さない態度が身に付くのですが、都合の悪い歴史的事実を隠蔽する有様ですから、話にならないですね。

ブラック企業があなたと社会に及ぼす悪影響とは?

ブラック企業の犯罪は、サービス残業などの搾取や、お客への迷惑だけではありません。

あなたの家庭を破壊します。

地域活動へ参加することも不可能にします。

社会問題を考えたりする機会や時間的余裕を奪われるので政治的に無関心となり、選挙での投票率低下につながります。

冒頭写真のサイコパスを当選させてしまったのは、国民の政治的無関心の賜物です。

小選挙区制で投票率が低いと、自民党などの組織力がある政党が有利になるのです。

経団連などのブラック企業推進派としては目論見通りでしょう。

ブラック企業は社会を劣化させる元凶であり、協力することは許されません。

もしあなたの勤める会社がブラックならば、そこで働くことは犯罪行為への加担に等しいと言えます。

ブラック企業というだけで、十分に転職の理由になります。

ブラック企業で退職者が相次げば、人手不足で困ることになるので、経営者が反省する契機になります。

これはとても良いことです。

飲食業界での転職支援サービスとは?

もしあなたがブラックな飲食店やレストランで働いているならば、少ない休み、長時間労働、少ない給料で苦しんでいることと思います。

「転職活動なんてしている暇がない」と思うかもしれません。

しかし、それは誤解です。

インターネットや情報技術の発達により、忙しく働きながら簡単に転職活動ができる時代になったのです。

飲食特化型の求人



上記リンク先のサービスは、飲食業に特化した転職支援サービスです(東京、神奈川、埼玉、千葉)。

専門のキャリアプランナーがあなたの条件にマッチした求人を紹介してくれます。

面接の日程調整や給与の交渉も、あなたの代わりにやってくれます。

自分一人では偏った不足した情報の中で不適切な判断をしがちですが、専門のカウンセラーがいればとても心強いですね。

無料であなたの味方をしてくれるのです。

そんな人があなたの周りにいますか?

なぜ無料なのか?

求人企業がコンサルタントへ金銭的支払いをするので、あなたはお金の心配をする必要がないのです。

WIN-WINの関係であり、決して怪しい話ではありません。

求人数は12000件以上であり、業界では最大級です。

とりあえず無料カウンセリングを受けるだけで新たな展望が開ける!

転職しようと心に決めていなくても構いません。

転職しようか悩んでいる人、転職の経験がないので、どうやって進めたらいいか見当がつかない人も遠慮なく相談できます。

年齢、学歴、経験、経歴は問われません。扉は広く開かれています。

飲食業に勤める人の中には、「いずれ独立するから勉強のつもりで働いている。労働条件が理不尽でも我慢している」という人もいると思います。

しかし、同じ勉強するにしても、ブラック企業で何を学ぶのでしょうか?

法令違反行為や哲学のない経営姿勢を学んでしまったら、知らず知らずのうちに、独立起業後に実践してしまうかもしれません。

親の虐待は世代を超えて受け継がれると言いますが、ブラック企業の蔓延も無意識的な模倣が原因です。

そもそも、従業員に残業をさせること自体が社会的な犯罪です。

残業代とは企業に課される罰金である、というのが先進諸外国の常識です。

もちろん、「オレはブラック企業でイジメられるのが快感なんだ」という人はそのままで良いと思います。

転職なんて薦めません。

しかし、少しでも良識があり、問題意識をお持ちでしたら、とりあえず、無料の登録・相談を試してみてください。

下記リンク先で10秒もかからずに登録できます。

飲食特化型の求人



得することはあっても、損することは何もありません。

どうぞ安心して、あなたの希望を全てぶつけてください。

自分の身を守れるのは自分だけなのですから。

以上

Pocket

会社選びで重視すべきポイント、基準とは?就活生、転職希望者は必読!

はじめに:

みなさんは、どうやって会社を選んでいますか?

知名度?規模?売上高?利益?株価?

業種?職種?転勤の有無?給料?福利厚生?

様々なことを考慮して選択するのは時間と手間がかかり、大変な作業ですよね。

こちらが望んでも採用してもらえるとは限りません。

人気企業は何万人も応募がありますから、最初からあきらめている人も多いと思います。

「安定性」というキーワードに惹かれて、公務員関係は相変わらずの人気ですね。

仕事は生活の糧であり、就職や転職は人生の節目ですから、慎重になるのは当然です。

この記事では、会社選択の基準について少し考えたいと思います。

そもそも会社とは誰のために存続しているのか?

起業・経営する立場でも、従業員であっても、会社というのは人間が多くの時間を過ごすところです。

その会社とは、そもそも何のために存在しているのでしょうか?

会社経営の使命と責任は以下の5項目です。

1)社員とその家族を幸せにする
これが一番重要です。
「お客様第一」をモットーに掲げるのは構いませんが、その大切なお客様に奉仕するのは社員です。
社員がやりにくいと感じるような環境で、お客を満足させるような商品やサービスは生まれません。
「天皇」といわれるような経営者の一挙手一投足にビクビクし、リストラにおびえ、低い給与でサービス残業をさせられるような環境で、まともなアウトプットが生まれる訳がありません。
なぜか?
社員は人間だからです。
社員を取り換え可能な消耗品として扱っている経営者は、一番大切なことを分かっていないのです。

2)外注先や下請け企業の人間を幸せにする
二番目がこれです。
なぜか?
下請け企業は、外部にいる社員だからです。
自社で出来ないこと、やりにくいことを代わりにやってくれているのです。
彼ら無しには、会社経営は成り立ちません。
日本では、なぜか、大企業の下請け企業は中小零細が目立ちます。
大企業が空前の利益を上げて、数々の減税措置で何百兆円という内部留保を積み上げている一方で、中小零細の多くは赤字です。
下請け企業を虫けらのように扱っている姿が目に浮かびます。
誰かの犠牲の上に成り立っている社会システムは長持ちしません。
理不尽の代償は大きく、遅かれ早かれ発注元の崩壊につながります。
歴史を少し紐解けば分かることです。

3)お客を幸せにする
3番目がこれです。
商品やサービスの受け手である顧客を満足させ、感動させ、幸せにすることの重要性は言うまでもありません。
その対価としていただくお金は、会社存続のための手段となります。
社員や外注先を幸せにすれば(甘やかすのではない)、お客のニーズに合った商品やサービスは自然と生まれるものです。
顕在需要への対応だけでなく、潜在需要の掘り起こしも、実行するのは社員です。
繰り返しますが、一番大切なのは社員です。
お客様は大切ですが、「お客様第一」という「常識」は間違いなのです。

4)地域社会を幸せにし、活性化する
4番目がこれです。
会社が事業活動をしている地域、およびその周辺に住む住民たちです。
会社が法人事業税などを払い、地域住民を雇用すれば、それは大きな貢献です。
様々な地域イベントに協賛し、寄付金を払い、清掃活動に参加したりすれば、とても喜ばれます。
「あなたの会社はこの町のシンボルだ」と言ってもらえるようになりたいですね。
逆のことをやっている企業も多いです。
有機水銀、カドミウム、ばい煙、放射性物質を広範囲にまき散らし、地域住民の健康被害を引き起こした企業があります。
ばれない様に隠蔽工作を行い、ばれても悪びれる様子がなく、ニヤニヤしながら裏で政治家と会食している経営者もいます。
こういう反社会的な企業は退場させねばなりません。

5)株主の幸せ
一番最後がこれです。
株主は会社の法的な所有者ですが、優先順位は一番低いのです。
上記1)~4)の項目を満足させるべく実行すれば、株主への還元(=配当金支払い)は自然とできるようになります。
株主の幸せは、あくまで結果です。
経営者の保身のため、株主のご機嫌を最優先にしてはいけません。
短期的な損得ばかりに目を奪われて1)~4)をないがしろにしたら、結果的に大損をするのは株主です。
このような愚かな経営者が「グローバルスタンダード」という言葉とともに跳梁跋扈しているのは嘆かわしいですね。

寒々しい実態:

会社が何のために存在しているのか、その優先順位を上記の1)~5)で述べました。

哲学を持ち、それをきちんと実行できている会社もあるでしょうが、少数派だと思います。

むしろ、1)の一番大切な社員を一番粗末に扱っている会社が多くなりつつあります。

私がよく知るメーカーは一部上場の大企業で経団連にも属しています。

社名は挙げませんが、そこのトップ経営者にとって、一番大切なのは株主のようです。

「得られた利益はすべて株主の配当に回したい」とか戯言を述べて、それが新聞に載り、社員はさぞかし驚いたそうです。

確かに利益を配当にすべて回せば株主は喜びますし、株価も上がります。

株主の利益に貢献すれば株主の評判も高くなり、経営者も安泰と思えなくもありません。

その経営者自身が自社株を大量に保有していたら、自分の財産も増えることになります。

その一方で、その会社のトップは、経営がうまく行かなくなると末端の社員を有無を言わさずリストラ部屋に送り込み、嫌がらせを行い、耐え切れず止めていった者も多いと聞きます。

非正規社員の割合を増やし、製造現場では景気の調整弁として扱われる者の割合が増えました。

下請け企業に対しては、一方的なコスト削減を押し付け、そこの社員を疲弊させています。

サービス残業の強要がひどすぎて、労働基準監督署の臨検対象となったことも数知れずです。

創業者が死去し、底の浅いサラリーマン経営者が後を継ぐと、こんな状態になる大企業は多いようです。

マスコミに悪名をとどろかせたことがない、世間的には優良との評判をもらっている企業ですら、実態は寒々しいものなのです。

大切にすべきものの優先順位を間違えたブラック企業が現在の日本には蔓延しています。

就職活動や転職活動をしている人には、ブラック企業の毒牙に引っかかって欲しくありません。

大切にしたい会社とは?

知らず知らずのうちに、堕落した経営陣によって大企業病にかかり、多くの有名メーカーの経営が傾きました。

悲惨なのは社員たちです。

その実態は、ほとんどマスコミで取り上げられることがありません。

「アベノミクス万歳!」という新聞の見出しを眺めていても真実にはたどり着けません。

我々が大切にすべき会社はどこでしょうか?

そこの商品を購入したり、社員になって働くべき会社はどこでしょうか?

下記リンクの書籍が、非常に示唆に富む例示をしています。

日本でいちばん大切にしたい会社

詳細はここで述べません。実際に書籍を購入し、読むことをオススメします。

一つだけ少し紹介しましょう。

神奈川県川崎市の日本理化学工業(株)は、粉の飛ばないチョークを主に生産する小さな企業ですが、従業員の7割程度が知的障害を持っています。

障がい者の雇用は、1959年から始めたそうです。

ほとんどの大企業が障がい者の雇用から逃げている現状にあって、7割という数字は脅威です。

障がい者と健常者が共存し、協力し、創意工夫してよい商品を送り出して、その結果、何十年も存続しています。

そこの社員は皆、自信にあふれ生き生きしています。

社会に貢献しているんだ、人のために役立っているんだという自負があります。

人づてで噂を聞き、どんどん協力者が現れます。

こういう会社を我々は大切にすべきです。

本書から一部を引用します。1959年当時のエピソードです。

引用始め
*********************
知的障害をもった二人の少女の就業体験が終わろうとするとき、十数人の社員全員が、大山社長を取り囲みました。
「あの子たち、明日で就業体験が終わってしまいます。どうか、大山さん、あの子たちを正規の社員として採用してあげてください。もしあの子たちにできないことがあるなら、私たちがみんなでカバーします。どうか採用してあげてください」
これがみんなのお願い、つまり、総意だと言います。
社員みんなの心に応えて、大山さんは少女たちを正社員として採用することにしました。
*********************
引用終わり

日本理化学工業(株)の他にも、たくさんの魅力的な企業が紹介されています。

就活生や転職を考えている人全員に読んで欲しい名著です。

日本でいちばん大切にしたい会社

社会的使命と責任を果たし長期継続する会社をどうやって選ぶか?

就職を考えている人は、何としてでもブラック企業を避けたいはずです。

ブラック企業への就職は、それ自体が犯罪行為への加担だからです。

本当の意味でのプライドを持つには、ホワイト企業で働く必要があります。

会社案内やネットでの口コミも大切ですが、それ以外のチャンネルを使って、なるべく真実に近い情報を得る必要があります。

下記の転職支援サービスは、ブラック企業をリストから排除するために心を砕き、その情報を積極的に利用者に提供しています。

みなさんにとって何かしらお役に立てると思います。

料金はかかりませんから、一度、利用なさってはいかがでしょうか?

【第二新卒エージェントneo】



参考記事のリンク:
【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

皆様の成功をお祈りいたします。

以上

Pocket

【サービス残業の強要】裁量労働制を悪用するブラック企業からは、さっさと転職しよう!

はじめに

「裁量労働制」という言葉をテレビで多く聞くようになりました。

「裁量労働制では、それ以外の一般労働者と比べて労働時間が短い」という首相答弁が嘘だとバレて、働き方改革のイカサマ性が明らかになりました。

あなたが、奴隷根性が骨の髄まで沁み込んだ従順サラリーマンでないならば、この記事に少しお付き合いください。

裁量労働制とは?

簡単に言うと、労働の成果を労働時間ではなく成果で評価しようということです。

能力のある人もない人も会社にいる時間だけで一律に評価されるのでは公平でないし、労働者のモチベーションにも響きかねません。

一見、素晴らしい制度に思えてしまいますよね。

仕事内容、仕事の進め方などを自分の裁量で決定できる立場の人が対象です。

しかし、企業に勤めるサラリーマンの任務は、上から降りてきた雑用との戦いであり、上司のご機嫌取りが最大の関心事です。

奴隷サラリーマンにモノを言う権利はありません。

したがって、裁量労働制はごく一部の例外的な職種・職場にしか適用できません。

しかし、「実際の労働時間ではなく、形式的なみなし労働時間分の給与だけ払えばOK」という仕組みに目を付けたブラック企業たちが、裁量労働制の乱用を相次いで開始したのです。

裁量労働制の悪用事例

私が知るある大手メーカーの裁量労働制悪用事例を紹介いたします。

仕事内容も遂行方法も上からの指示に従うしかないような社員に対して、裁量労働制が適用されました。

入社1~2年目の若手も含めて、ほぼ全員です。

会社にいる実際の時間と関係なく、月20時間の残業代は全員に一律払うことになりました。

今までは、月100時間働いていたらその100時間分の残業代がきちんと支払われていたので、陰では不満を口にする人が多かったようです。

実質的な給与削減ですからね。

月20時間以上の残業はせずに、月20時間分の残業代をもらえるならばまだ良かったのですが、当然、そんなことは許されませんでした。

月80時間の残業を強制されながら、月20時間の残業代しか払われないという事例が当たり前でした。

そもそも残業を強制される時点で、裁量労働制の対象外のはずです。

自分の裁量がないのですから。

しかし、社員のタダ働きに味を占めた経営陣は図に乗り、どんどんエスカレートしていきました。

PM11:00近くになってからの会議開始、連日の深夜残業・・・

奴隷サラリーマンの空気を読む習性、有無を言わさぬ同調圧力、社員の問題意識の低さなどもあり、長年、ブラック状態が続きました。

我慢できなくて退職者が相次ぎ、とうとう集団で労働基準監督署に駆け込むことになったのです。

申告を受けての労働基準監督署の臨検は厳しく、メールや電話の利用時間帯なども確認したうえで、裁量労働制の乱用だと判断したのです。

その後、みなし残業代を月20→30時間分へ増やしたりしましたが、結局、裁量労働制の運用は廃止されました。

裁量労働制の悪用は犯罪行為である

日本の労働法制は極めて企業寄りなので、労働者の権利は守られにくいのです。

裁量労働制の悪用はサービス残業の強要(=給与不払い)、つまり、泥棒と同じですから、反社会的な違法行為です。

サービス残業を強要した悪徳経営者が牢屋に入れられた事例を私は知りませんが、本来ならば、厳しく罰せられ、その企業自体が社会から強制的に退場させるべきです。

社員にタダ働きをさせなければ成り立たないということは、経営に失敗しているということです。

反省せずにダラダラと続けてしまうのは、間違いから学び改善する能力に欠けているからです。

経団連は働き方改革と称して、タダ働きの合法化を政府に働きかけていますが、名の通った「一流企業」でもこの程度のレベルなのです。

大企業の下請けと化している中小零細企業はもっと悲惨なところもあります。

反社会集団とは早めに手を切ろう

サービス残業を強要するような企業は、その他の違法行為もしている場合が多いのです。

・記録に残さないで早朝活動を強制する。
・残業時間を勝手に少なく書き換える。
・仕事に関係のある資格試験を休日に受けさせて、休日手当も払わず、代休も取らせない。
・出張の移動時間を勤務時間と認めない。
・その他いろいろ・・・

初歩的な知識や判断能力が無く、倫理も倫理も通用しない企業の商品は品質に問題があり、不正やクレームが絶えません。

華やかな宣伝・広告にお金をかけていても内情はドロドロ・・・

こんな企業に未来はありません。

伝統的大企業でも、凋落の一途をたどっているところは多いのです。

働いている社員はそのことを分かっているはずです。

もう年も年だし、会社にしがみつく以外の選択肢を思いつかない人は、それでもいいでしょう。

しかし、少しでも問題意識があり、若くて優秀な人ならば、使い潰されて捨てられるのを待つ必要はありません。

早めに見切りをつけて、自分を生かせる環境に転職するのも大いにありだと思います。



現在は、転職支援サービスが発達し、利用しやすくなっています。

もちろん無料です。

下記のリンク先で、オススメの転職サービスを紹介していますので参考にしてください。

【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

以上

Pocket

転職で失敗したくない人へ:あなたを成功に導く支援サービスを紹介します

転職は面倒で、リスクを伴う行為です。

理想を言えば、転職をせずに一生を過ごせれば、それに超したことはありません。

居心地のいい職場でずっと働き、そこで実力をつけ、実績と信用を積み重ね、それが結果として収入にも反映されれば有難いことです。

しかし、そんな理想に出会える確率はゼロに近いでしょう。

世は、ブラック企業で溢れています。

サービス残業の強要や過労自殺が珍しくありません。

ホワイト企業でも、業績が悪化し倒産することもあります。

組織の都合で転職を要求されても、家庭の事情で従えない人もいます。

若い人の場合は、自分の適性を知らずに就職してしまい、悩むケースもあるでしょう。

能力や実績に見合わない不当に安い給料に不満を募らせることもあります。

相変わらず、人間関係の悪化は転職原因の中でも多くを占めています。

会社側が聞く耳を持たず、論理も倫理も通用しない相手ならば転職もやむを得ないと思います。

より良い場所を求めて移動する権利は誰にもありますし、会社側も、大切な人財を失って初めて間違いに気づくこともあるのです。

今回は、転職を成功させたいあなたへ、オススメの支援サービス会社をいくつか紹介いたします。

1)IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職を考えている人へ

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

紹介できる案件は約6000件で、かなり多いです。

あなたの希望とマッチする企業を選ぶために独自の科学的手法を駆使します。

職務経歴書の作成に関してノウハウの蓄積があり、応募企業へのアピールに役立てています。

職務経歴書の作成プロセス自体が、あなた自身が気づいていないあなたの魅力に気が付くきっかけになります。

面接対策もバッチリサポートしてくれます。

詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。

転職支援会社を探している人へ:IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGEEKLYに相談すべし!

2)子育て中のママさん薬剤師にオススメのサービス

ファルマスタッフの派遣薬剤師はこんなに働きやすい!

薬剤師という国家資格を持った人たちは引っ張りだこです。

高い時給で空いた時間だけ働いて、高い収入を得ることが可能です。

ファルマスタッフは、柔軟な働き方を望むママさん薬剤師たちの強い味方です。

求人数が多いだけでなく、派遣先の職場を直接確かめることを欠かしません。

有給、産休、育休の取得を強力にサポートします。

勤務条件の交渉もあなたに代わってプロが代わりにやってくれます。

利用しない手はありません。

詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。

ファルマスタッフはママさん薬剤師の味方!能力と時間を有効活用して高収入を得る方法とは?

3)ホワイト企業への転職を希望する20代の方へオススメ

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】



「第二新卒エージェントneo」という転職支援サービスの特徴を箇条書きにします。

・初回面談には最大2時間も費やします。
・あなたの過去、現在、未来を詳細にうかがい、一緒にキャリアプランを立てていきます。
・1人あたり平均10時間もかけて、手厚いサポートを行います。スタッフは全員第二新卒だから親身なんです。
・履歴書の添削だけでなく、一緒に職務経歴書の作成も行います。
・取引企業は約1万社もあります。
・厳密な調査でブラック企業を除外し、優良企業のみを紹介します。
・仮に面接で不採用になっても、その原因・内容を把握できるので、すぐに改善が出来ます。
・内定後の入社前研修を行うだけでなく、入社後も定期的に担当から連絡させていただきます。
・フリーター、中卒、高卒、大学中退でもOKです。

利用するあなた次第で、力強い味方になってくれます。

詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。

【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

4)ワークライフバランスを重視して働きたい女性介護職へオススメ

政府の福祉政策が貧困なため、介護の現場にしわ寄せが行っています。

労働が過酷な割に給料が安い職業の代名詞のように扱われています。

しかし、黙って現状を受け入れて我慢していればいいのでしょうか?

ガマンしているだけでは現状は変わらないし、いずれ、あなたも倒れてしまいます。

ワークライフバランスを求める権利は誰でも持っています。

「残業がない」、「プライベートとの両立が図りやすい」、「育児・介護休暇がとりやすい」などは重要な指標です。

「なでしこ介護士」という支援サービスは、女性が長く働きやすい職場を紹介してくれます。

コーディネーターは全員女性なので、女性特有の悩みも聞いてもらいやすいです。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】

最後に:

ご存知かもしれませんが、転職支援サービスの利用には費用が掛かりません。無料です。

転職支援サービス会社は、紹介先の企業から報酬を受け取る仕組みです。

つまり、あなたは金銭的な負担を気にせず、情報収集活動をすることができるのです。

しかも、相談にのってくれるのは、専門知識をもった転職コンサルタントです。

あなたは、家族や友人とも話をするかもしれませんが、所詮は素人ですし、持っている情報は貧困です。冷静に話を聞いてもらえないケースもあります。

転職は人生の大事な節目ですから、是非とも、第三者のプロ専門家の力を利用しましょう。

まずは、気軽にウェブ上での無料登録から始められたらいかがでしょうか?

関連企業のリンクを改めて貼っておきます。
あなたの成功をお祈りしております。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

ファルマスタッフの派遣薬剤師はこんなに働きやすい!

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】

以上

Pocket

転職支援会社を探している人へ:IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGEEKLYに相談すべし!

1)はじめに

「今の会社では仕事がやりにくい」
「自分の能力が発揮できない」
「正当に評価されていないし、上司も聞く耳を持たない」
「サービス残業が多いし、間違いなくブラック企業だ」

こんな悩みを抱えているならば、サラリーマンとしては地獄ですよね。

「毎朝起きるのがツライ」なんて状態を長く続けるのは良くありません。

今回は、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界で仕事をされている人を対象に、耳よりの情報をお届けします。

2)転職はある意味チャンス

急速に発展し、職種・求人も増えているこの業界では、転職は珍しいことではありません。

何十年という長い歴史を「誇る」伝統的・保守的大企業に比べて、転職率は極めて高いといわれています。

人の入れ替わりが激しいのは、ある意味良いことです。

人心掌握も含めて管理側に実力がなければドンドン見捨てられ、淘汰されるのです。

悪い評判が立てば、優秀な人間は募集してきません。

こうして会社側にプレッシャーが常にかかる状態であれば、会社側も反省・改善する機会を得られますし、従業員も働きやすい環境で仕事ができるようになる訳です。

3)転職支援会社「株式会社ギークリー(GEEKLY)」

これを読んでいる方は、たぶん、転職を考えているのだと思います。

そんなあなたに、より良い職場を紹介してくれる転職支援会社の名前は、「株式会社ギークリー(GEEKLY)」と言います。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

紹介できる求人案件が多いだけではありません(約6000件)。

最大の特徴は、親切・丁寧・親身なサポート体制にあります。

各社の文化や働き方など、求人票だけでは読み取れない情報も提供できます。

あなたの考え方や希望とマッチする会社を選ぶため、独自の科学的分析手法を駆使するのです。

未経験からこの業界に転職する方でも、メリットや事前準備しておくべきことをアドバイスしてくれます。

4)職務経歴書の作成にもノウハウの蓄積がある

求人企業の面接を受ける前には、履歴書と職務経歴書を送って書類選考に通らねばなりませんが、この書類づくりに長年のノウハウが生かされています。

職務経歴書とは、今まで、どの会社のどんな立場でどんな仕事をしてきたのか、その結果どんな実績を挙げてきたのか、そして、身に付けた特技や自己PRなどが書かれたものです。

普通の人にとって、職務経歴書を書く機会なんてほとんど無いはずです。

「自分で勝手に書け」と言われてもスムーズに書くことはできません。

自分の経歴を漏れなく棚卸しして、分かりやすく理路整然と書かねばなりません。

自己満足ではなく、応募している相手側が納得するようにしないといけないので、意外に難しいのです。

自分一人だとどうしても漏れが出てきますが、それが命取りになったりします。

受け取って読む側は、行間を読んで、こちらの真意を勝手に推し量ってくれることはありません。

書いてあることだけを頼りに判断します。

魅力が感じられなければ、簡単に却下されます。

面接までたどり着けず、門前払いされたのでは話になりません。

今回紹介する転職支援会社のGEEKLYは、職務経歴書作成に高度なノウハウを持っています。

下記リンク先の「レジュメサンプル」を見ると、多種多様な職務経歴書サンプルを無料でダウンロードできます。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

私の知る範囲では、職務経歴書のサンプルを一般に無料公開しているところを他に知りません。

事前に、このレジュメサンプルを使って、自分の職務経歴書を書いてみてはいかがでしょうか?

しっかりした雛形があると、かなり助かるのが分かると思います。

しかし、それでも抜けがあったり、表現が不適切だったり、アピール不足の場合があります。

Geeklyでは個別に職務経歴書の書き方指導をしてくれます。

無料の転職相談サービスを利用すれば、希望する企業への応募前に、より魅力的な職務経歴書に仕上げることができます。

IT業界専門のコンサルタントが関わることで、自分でも気づいていなかった自分の魅力を認識することでしょう。

最初に行うこの作業が、あなたに自信を与えることになります。

5)至れり尽くせりなのに費用がかからない

そして、応募企業との面接日程調整は、もちろん、Geeklyがやってくれます。

そればかりか、面接対策のアドバイスもしてくれます。

内定が出たら、給与条件や入社日の調整・確認を行います。

今勤めている会社を円満に退社するためのアドバイスもGeeklyのコンサルタントがしっかり行ってくれるので安心です。

Geeklyは求人企業から紹介料という名目で費用をもらっているので、転職希望者から費用を徴収しません。

無料転職相談は、下記リンク先で申し込めます。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

6)ネット上の口コミに惑わされないように

転職支援サービスに関しては、ネット上の口コミはあまり役立ちません。

うまく行かなかった人は腹いせに悪口の一つも投稿するでしょうが、親切なサポート体制を生かすも殺すもあなた次第です。

あなたの熱意と行動力だけが、Geeklyの独自ノウハウを生かすのです。

まずは一度、話を聞くところから始めてみてください。

以上

Pocket

ファルマスタッフはママさん薬剤師の味方!派遣社員として高収入を得る方法とは?

「フルタイムでは働けないけど、空いた時間を活用したい」
「こちらの都合に合わせてくれる職場はないか?」
「働くならば時給が高い方が良い」
「多くの選択肢の中から最適なものを勧めてくれるアドバイザーが欲しい」
「勤務条件の交渉を代わりにやってくれると助かる」
「短時間勤務でも社会保険に入りたい」

こんな悩みや希望をもっている人にピッタリの転職支援サービスがあります。

リンク↓
ファルマスタッフの派遣薬剤師はこんなに働きやすい!

あなたが自分一人、もしくは、近くにいる知り合いから得た情報だけで職場の選択をしようとしているならば、ちょっと立ち止まって考えてください。

薬剤師という国家資格を持ち、専門職として働いたキャリアをお持ちでも、意外に狭い世界で生活し、持っている情報も少ないのではないでしょうか?

薬剤師に特化した人材コンサルタントは、無料であなたの強い味方になってくれます。

専門家のアドバイスを1回でも受けてみると分かるのですが、相談する前とは全く意識が変わります。

転職に関する専門知識を持ったコンサルタントが関わることで、自分の足りない部分が明確になります。

その結果、何をしなければならないか明確になります。

悔しいですが、自分がいかに世間知らずだったか、視野が狭かったか、思い知ることもあるでしょう。

それはそれで、素晴らしいことだと思いませんか?

職場を変える・選ぶというのは人生の重要な節目ですから、たくさんの情報を集めることが大切ですが、効率よく必要な情報を集めたいものです。

薬剤師として働いてきたあなたは、職探しの高度な技能もお持ちなのでしょうか?

もしそうでないならば、この転職支援サービスがオススメです。

リンク↓
ファルマスタッフの派遣薬剤師はこんなに働きやすい!

1)業界最大級の求人数
 約5700件の求人を扱っているので、希望者の多種多様な要望に応えることが可能です。

2)紹介先の職場を直接チェック
 担当のコンサルタントが、一社一社を直接訪ねて現場を調査し、働く者にとって本当に必要な生の職場情報を提供します。

3)有給休暇の高い取得率
 有給休暇の取得率は7割を超えます。これは、大手の意識が高い有名企業並みです。掛け声だけの企業が多い中で、この数字は特筆ものです。真のワークライフバランスを実践しましょう。

4)産休や育児休暇も取得可能
 派遣で働くからといって遠慮は無用です。産休や育休は権利です。事実、2016年度の実績で116名が取得しています。そもそも、仕事と子育てを両立できないような社会に未来はありません。

5)教育サポートが充実している
 ファルマスタッフは教育制度が充実しています。様々な事情でブランクがあっても安心です。きめ細やかなサポートは、あなたの生産性に寄与します。

6)勤務条件の交渉を代わりにやってくれる
 勤務条件など言いにくいことも、ファルマスタッフが代わりに交渉してくれます。こういうことは交渉のプロに任せた方がスムーズにいきます。

これだけ充実したサポート体制と良い条件が揃っているのは、転職サービスの中でも珍しいです。

薬剤師という国家資格を持った人たちが、社会の中でいかに貴重な存在かを証明しているといえます。

ファルマスタッフは、東証一部上場の日本調剤グループが運営している転職エージェントです。

あなたの貴重な技能と知識を活かすとともに高収入も得るためには、この転職支援サービスを最大限活用し、大いに自己主張すべきではないでしょうか?

「ファルマスタッフ 口コミ」でネット検索をすると、様々な口コミ情報が溢れています。

口コミを参考にしてもいいとは思いますが、立場も状況もバラバラな個人が、各自の感想を述べているだけです。

当たり前ですが、他人の口コミは、あなたにとっての真実ではありません。

あなたにとってどうかは、自分で体験して初めて分かるものです。

あなたに熱意があれば、ファルマスタッフという会社はあなたの味方になって、より良い職場環境を提案してくれます。

受け身の姿勢で待っていても、何も変わりません。

最終的に転職を成功させるのはあなた自身です。

とりあえず無料相談を1回でも受けてみれば、行動して本当に良かったと思えるはずです。

行動せずに後悔するのだけは避けたいものです。

ご登録はこちら

以上

Pocket