【スマホでスタディサプリを活用!】スキマ時間でTOEICスコアを効率よくアップさせる方法とは?

「今度の社内昇進試験までに、TOEICを〇〇点以上にしないといけない」
「就職活動中だが、入社の条件がTOEICで〇〇点以上を要求されている」
「忙しくて勉強時間が確保できない。少ない時間で効率よくTOEICのスコアアップをしたい」

日本だけで年間200万人以上が受験しているというTOEIC。

アメリカで開発されたこの英語テストは、今や全世界に普及しています。

TOEICは、英語を母国語としない英語学習者を対象としていますが、英語力を測る万能の物差しではありません。

しかし、主にビジネス活動のグローバル化、ボーダレス化に伴い、コミュニケーション能力を判断する目安として重宝されているのです。

たかだかTOEICですが、その点数で評価されてしまうサラリーマンやサラリーマン候補生にとっては悩みの種です。

勉強をしたくても、仕事が忙しく日々追われるように過ごしている人にとっては、毎日まとまった時間を確保するのは難しいですよね。

よっぽど英語そのものが好きな人は無理にでも時間を作るでしょうが、そんな人は例外です。

「今までの生活ペース・パターンを変えずに、空いた隙間時間だけを活用して、最小限の労力で効率よくTOEICの目標点数に到達したい!」

これが、大多数の人の本音ではないでしょうか?

幸いにもスマホなどの携帯型端末が普及したこともあり、みなさんの要望に応えられるサービスが生まれました。

リクルートがリリースした、TOEIC(R)スコアアップを目的とした本格的プログラムです。
リンク↓
TOEICテスト対策



まずは、商品イメージビデオをご覧ください。

TOIECといえば対策本がたくさんありますが、次のような問題があります。

・重くてかさばるものを常に持ち歩くのは大変
・満員電車の中では本を開いて勉強できない。
・信号待ちや電車待ちのちょっとした隙間時間で、いちいち本を開けない。
・リーディングはいいけど、リスニングができない。
・一人だけで勉強すると飽きてきちゃうし、短期間でくじけそう・・

このスタディサプリというサービスは、スマホなどの携帯型端末を利用できるので、上記のような悩みを抱えずに済みます。

学習内容はTOEICの出題形式に沿っているのでスコアアップを効率よく実現できます。
簡単に言えば次の2項目です。

①TOEICでよく出題されるビジネス上の典型的場面を知ることができる。
②TOEICの問題でよく使われる表現や単語を覚えることができる。

完全な独学と異なり、TOEIC満点講師の関先生が端末の画面上で分かりやすい説明をしてくれます。
関先生からのメッセージを以下に引用します。

引用始め
****************
TOEIC®対策は、学生のテストのように丸暗記は無理がある。だから、英語の本質、理屈に立ち戻るアプローチをする。自分で本質に立ち戻るのは難しいので、僕の講義でそのコツを習得してほしい。

『ネイティブはこう言う、決まりだから覚えて』というような精神論が横行しているが、僕は明確に理由を説明する。そしてそれがスコアに直結する。

大事なことは、スキマ時間の活用ですね。今回のTOEIC®対策講義はそれを前提に構成しています。1つの動画が1駅~2駅分の長さ。次の駅までにこの問題を解く、などあえて追い込んでみるといい。焦った中で英語を読むのはとてもいい練習になります。

例えば電車のアナウンスで「次は○○駅」と言ってから到着までに1分はある。そこで1問解く。コンビニの待ち時間、信号待ち、エレベーターが目的階に着くまでに1問など、そういう時間をまとめると1日に50分は確保できる。文法なら1分間に3問解く。時間に追われるTOEIC®だからこそ、この使い方がとても有効です。
****************
引用終わり

この関先生の5分解説が、合計140本も収録されているのです。
中学生レベルの英語にも不安を持っている人でも安心です。

独学はよっぽど意志が強い人でない限り続きません。

関先生の講義をはじめ、モチベーションを維持するための仕掛けがソフトに仕組まれているので、楽しんで学習継続できます。

次に、実際の利用者の声を紹介しましょう。

出典:スタディサプリWEBサイト

出典:スタディサプリWEBサイト

「継続は力なり」と言いますが、そんな堅苦しい格言を持ち出さなくても、スマホを使って楽しく学習を続ければ、スコアは自然にアップするのです。

実は、この記事を書いている私自身、独学で英語学習に取り組み、TOEICで950点まで到達しました。

長年に渡って様々な教材や方法に取り組み、試行錯誤を繰り返した結果です。

留学経験も、海外に赴任した経験もない凡人ですが、地道にコツコツ継続した結果、TOEICで高得点を出すことができるようになったのです。

しかし、皆さんには、私のような遠回りをおススメしません。

今回紹介している「スタディサプリ」というサービスは、私が今まで出会ったTOEIC対策の中でも、一番洗練された方法だと思います。

そうは言っても、初めて試す方法には不安があるのは当然です。

不安を払しょくするため、最初の7日間限定で無料のお試しサービスが提供されています。

人の話を聞くばかりではなく、実際に自分で使って、自分で確認・実感することが大切です。

実際に有料サービスになっても、一日当たり、わずか約83円です。

申し込みは、下記リンク先で簡単に行えます。

TOEICテスト対策

期間限定のギフト券進呈サービスもやってます。




英語という新しい武器を身に付けて他者と差別化を図り、新しい自分の世界を切り拓いていってください。

以上

Pocket

スマホで気軽に英語運用力を高めたい人に朗報!アメリカ人講師からいつでもどこでも学べる理由。

「英語の辞書を使って時間をかければ文章を理解できるけど、いざ話そうとすると言葉が出てこない」
「Skype英会話は、どうしても自分に合わなかった」
「英会話教室に通うのは面倒だ」
「どうしてもネイティブスピーカーの先生から教わりたい」
「忙しいので、空き時間を有効に使いたい」
「単なるTOEIC点数対策ではなく、実践的な英語運用力を身に付けたい」

そんなあなたに、朗報です。

スマホという便利な機器を活用して、英語を「しゃべる+書く」というアウトプットを行い、実践力を身に付けるサービスを紹介します。

毎日のアウトプット習慣で、使いたいときに使いたい英語が使える!【 HiNative Trek 】

スマホを使ったサービス内容の概略を以下に記します。

1、平日の毎日、課題が届きます。
2、自分でライティングとスピーキングを行い、それをを投稿します。
3、13時までに投稿すれば、その日のうちにアメリカ人の先生が音声つきで添削してくれます。

出典:株式会社Lang-8

4、最大3往復まで、先生に質問をすることができます。
5、やり取りはデータとして残るので復習できます。

メリット:
・予約をする必要がありません。
・アメリカ人の先生とリアルタイムでやり取りをする必要がない。いつでもどこでも自分の都合で投稿作業が出来ます。
・忙しくて、その日にこなせなかった課題は、後日まとめて提出できます。
・価格は、1日あたり約400円。コーヒー一杯の価格です。
・非ネイティブのブロークンイングリッシュに悩まされません。
・マーク・ザッカーバーグやアメリカの副大統領の同時通訳を担当した関谷英里子さんが教材を監修しています。

出典:株式会社Lang-8

日本人は、中学・高校を通じて、読む・聞くという受動的作業を中心に行ってきました。

自分の考えをしゃべる・書くという能動的なアウトプット作業が足りないのです。

相手に何かを伝えたい場合、「どういう表現がいいかな?」と自分の頭で考えることが大切です。

そうして編み出したアウトプットを相手に伝え、適切なフィードバックを受けることで本物の英語運用力が身に付きます。

自分でしゃべることができる内容なら、聞くのは簡単です。

自分で書くことができる内容なら、読むのは簡単です。

スピーキングはリスニングに、ライティングはリーディングに好影響を与えます。

相互に関連しているのです。

結果として、TOEICの点数をアップさせることにもつながります。

忙しい生活の中でも英語を実践する機会を増やしてください。

1日あたりコーヒー一杯の価格で効率よく学ぶサービスを是非とも試してみてください。
リンク↓
実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】



以上

Pocket