サラリーマンに向いてないと思う人はコレを読め

サラリーマンに向いてない人は多いのか?

日本の教育システムは、サラリーマンを大量生産するための工場と言えます。

言われたことを素早く理解し、指示した人間の意図通りに素早く行動できる人間を日本社会が欲しているためです。

人に雇われて給料をもらう立場の人間は必要です。

世の中は経営者や起業家だけでは成り立たないからです。

実際、収入を得ている人の大部分はサラリーマンなのですが、皆さん、サラリーマンを自分の天職として楽しんでいるんですかね?

「生き生きとしている人もいますが、なんかしっくりこないがゆえに悩んでいる人も多い」というのが、勤め人でもある私の実感です。

サラリーマンという立場に疑問を持っている人が自分を客観視する手助けになればと思い、この記事を書きました。

サラリーマンに向いている人の生態:

サラリーマンに向いている人ほど、社内の出世階段を順調に上がっています。

上級管理職や役員になる人には共通した特徴があります。

・上から言われたことに疑問を持たず、直ぐに行動に移す。

・上役のご機嫌取りを最重要任務と心得ている。

・上長よりも優秀でなく、また、自信もない。

・社内の空気を読むのが上手く、自分の悪い評判が広がっていないか異常に気にする。

長いものに巻かれ、出る杭にならず、腰巾着を得意技にすれば、社内での居心地を良くすることが出来るのです。

サラリーマンに向いている人を非難したいわけではありません。

こういう人たちがいるからこそ成り立っているシステムもあるからです。

物事が順調に進んでいるときはこれでいいでしょう。

しかし、不景気でリストラが横行していた時は、脆弱なサラリーマン社会の醜悪な現実を嫌というほど見せつけられました。

トップ経営者は保身のために役員たちに責任を押し付けます。

管理職も保身のために、社員をリストラ部屋に送り、仕事を干すなどの嫌がらせをします。

社内で肩書を得て出世した気になっていても、生存基盤はぜい弱だということです。

サラリーマンという立場に疑問を持たない人は、奴隷的パーソナリティの持ち主です。

他者からの評価を気にするのは大切ですが、そればかりを気にして自分を見失ってしまったら、それは立派な依存症です。

自立した社会人とはいえません。

心当たりがある人は自戒が必要だと思います。

さもないと、人生の終盤で後悔し、地獄の苦しみを味わうことになります。

サラリーマンに向いてないのは悪い事か?

同期より「出世」が遅れて、なんとなく社内で居心地が悪く、毎日を不機嫌で過ごしている人はいませんか?

「出世」した人たちに遅れまいと、行動パターンを真似る必要はありません。

そういう無理は心理的ストレスになり、病気の原因となります。

体を壊したら元も子もありません。

問題意識や疑問を持ち、組織に染まり切れずに悶々とするサラリーマンは価値ある存在です。

そういう人たちがいるから、組織として道徳や善意を保持することが出来るのです。

大企業病で官僚的な体質がエスカレートすると、組織が暴走し、社会的な不祥事を引き起こすことも多々あります。

ニュースをにぎわすトピックは氷山の一角に過ぎません。

また、世の中にない技術・商品・サービスを生み出すには、リスクを覚悟した行動が求められますが、奴隷サラリーマンには無理な芸当です。

サラリーマンでありながらサラリーマンに向いていない人の地道な努力が実を結んだ結果です。

不器用で要領が悪く、社内に敵が多くてもあきらめずに行動し続けられるのは、確固とした自我を確立している証拠です。

本当の実力、自信、そして、他者からの信頼は、こういう態度から生まれるのです。

豊かな人生を歩みたかったら、「今だけ金だけ自分だけ」という安易な選択をしてはいけません。

政治家の世界は国民の姿を映す鏡である:

日本人が選挙で選んだ政治家たちの世界はどうなっているでしょうか?

特に自民党は、親からの地盤・看板・カバンを引き継いだ二世・三世議員が跳梁跋扈し、サラリーマン化が急速に進んでいますね。

小選挙区制の弊害もあり、党幹部からの意向に敏感に反応し、異論を言うことが許されない雰囲気です。

会社のサラリーマンと同じく、問題意識の薄い思考停止人間が実権を握る傾向にありますから、ロクでもない法案の強行採決が連発され、憲法の順守義務もお構いなしの状況です。

日本のマスコミは報じませんが、海外メディアは冷静な論調で、日本の知的劣化状況を報道しています。

結論を言うと、日本の有権者のレベルが政治家のレベルをそのまま反映しています。

会社と違って、政治家は選挙で選ばれますから、変な人を落選させ、優秀な人を当選されることが可能なのですが、そもそも棄権者が多すぎて、一部の組織票が猛威を振るっているのです。

この政治参加意識の低さも、社会が劣化している主要因です。

日本社会にはびこる奴隷サラリーマン根性が、政治の悪化という結果につながっています。

会社の外に出たらサラリーマンの仮面を脱いで、一人のやかましい有権者として自己主張をしなければなりません。

民主主義社会とはそういうものです。

日本という国家自体がサラリーマンである:

意外に思うかもしれませんが、日本は独立国家ではありません。

依然としてアメリカから独立できていない属国なのです。

理由は、下記リンク先の情報でお確かめください。

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

新品価格
¥1,296から
(2018/12/16 10:52時点)

アメリカの横田基地のために日本の旅客機が自由に飛べず、遠回りさせられている事実を知っていますか?

原発政策では日本に決定権はなく、自由に決められるのは電気代くらいだというのを知っていますか?

戦後70年以上経っても、アメリカ兵の犯罪をまともに裁くことが出来ないのは、日米地位協定のせいです。

米軍基地に思いやり予算を何千億円も投じているのは日本だけです。

むしろ諸外国では、国民の意思で米軍基地を撤退させようとしているし、実現もしています。

日本では、政治家や官僚自ら土下座して「撤退しないでください。ずっと駐留してください」とお願いしている有様です。

そのために、わざわざ仮想敵国を作っています。

外交・防衛分野を含めて、アメリカ様の指示が無ければ、自分の国の在り方すら決められないのです。

日本という国家自体が奴隷サラリーマンだと言えましょう。

まとめ:

サラリーマンというキーワードで、色々な観点から述べてきました。

結論としては、サラリーマンにあまり向いてない自分を責める必要はありません。

むしろ、サラリーマン的な思考や行動ができない人材の方が貴重です。

市井レベルでも国家レベルでも、脱サラリーマン根性が今ほど求められているときはないと思います。

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点まで到達。 男性既婚者です。 自分の知識と経験を活かし、恋愛・婚活・結婚について書いています。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です