スポンサーリンク

彼氏彼女と別れるべきか自己診断する基準10選!

彼氏彼女と別れるべきか自己診断する基準とは?

「婚活その他で彼氏彼女の関係になれたのはいいけど、このまま交際を続けるべきか確信が持てない」

将来の結婚に対して100%の確信を持てていれば悩むことはありませんが、何か心に引っかかることがあると不安ですよね?

付き合いを続けるべきか別れるべきか何を基準にして判断すればいいのでしょうか?

「この人がラストチャンス」と思い込んでいたり、新しい人を探すのは面倒くさい場合、惰性でズルズル交際を続けがちです。

間違った判断で別れてしまえば後悔するし、不適切な交際をズルズル続ければ傷が深くなり人生の時間の浪費につながります。

この記事では、彼氏彼女と別れるべきか自己診断するための基準を示したいと思います。

1)相手の欠点も受け入れているか?

異性との交際経験が乏しく、世間知らずだったりすると、外見の良さだけに惑わされて一目惚れし冷静さを失いがちです。

シンデレラのように、王子と恋に落ちて気持ちが最高潮に達したところで結婚するのが普通だと思い込んでませんか?

シンデレラの恋愛感情は結婚後、急降下しているのです。

婚活では、相手の良い所だけでなく、悪い所も受け入れねばなりません。

付き合い初めて時間が経つのに相手の悪い所が気になってしようがないなら、自然な付き合いは無理でしょう。

2)相手が非協力的か?

婚活では、お互いの愛情を育てていかねばなりません。

それが結婚後の生活の安定性を左右するからです。

愛情関係の構築にはお互いの協力が不可欠です。

もしも相手が、「私ってこんなダメな人間だから・・」とか「私はワガママだから・・」とか口にするなら協力するする意志がないと判断していいでしょう。

自分を変えたり、相手に譲歩する柔軟性を欠いているので、安定したラブラブカップルにはなれません。

本当に相手のことが好きなら、自分を卑下せず協力しようとするはずです。

3)家族や友人に会うのを拒んでないか?

交際相手があなたの家族や友人に会うのを拒むようなら、かなり問題です。

あなたのことが好きで一緒に生きていきたいと思っているなら、あなたの関係者とも上手くやろうと努力するハズです。

正当な理由なくして家族や友人と会うのを避けるなら、あなたに好意を持ってないということです。

4)仕事に悪影響が出ていないか?

異性との交際を始めたがゆえに、仕事などに悪影響が出ていませんか?

仕事中の集中力が落ちたり、ひどい時は体調を崩して休んでしまったり・・

交際相手に振り回されて今までのパフォーマンスが台無しでは意味がありません。

疫病神とは距離を取りましょう。

5)言いたいことを我慢していないか?

相手に譲歩することは必要ですが、言いたいことを我慢し過ぎてストレスをため込み過ぎていませんか?

一日デートしてグッタリするようなら、余計な気を遣わなければいけない相手ということになります。

スポンサーリンク

会社の取引先の接待であれば仕方がありませんが、婚活では一緒にいて楽しいという気持ちになれないなら意味がありません。

6)盲目的に相手を信用してないか?

完全無欠な人間はいませんから、盲目的に交際相手を信用するのは危険です。

礼儀をわきまえて、お互いの間違いを指摘し合う関係を作る必要があります。

思考停止して相手の言いなりになっているなら、単なる隷属関係です。

交際相手とは精神的に対等でなければなりません。

7)浮気を疑ってないか?

四六時中相手の行動を監視したり、ひどい時には相手の携帯電話履歴をのぞくのはルール違反です。

こういう行動をする人は、交際相手のことを信用していないのです。

「浮気してるんじゃないの?」という妄想がどこから来るのかは一概に言えません。

しかし、精神的に自立した大人同士がお互いを尊重するというベースがないと、恋愛関係自体が成り立ちません。

8)一緒にいないと不安になるか?

常に一緒にいないと不安になるというのは、相手に依存している証拠です。自分に自信がないのですね。

お互い人間なのですから一人になる時間が必要ですし、一人で考えて一人でやるべきことがあるのです。

仲良し夫婦として長期間安定した関係を維持しているカップルは、適度な距離感の大切さを知っています。

9)非常識な言動や行動がないか?

デート中など、店員さんへの態度が悪かったりしませんか?弱い立場の人に対しては本性が現れやすいものです。

また、アラサーなのに実家暮らしで「毎日親に起こしてもらっている」なんて言ってませんか?

そういう人は、あなたに親代わりを求めているのかもしれませんよ。

非常識な言動や行動が見られないか、冷静に観察してください。

10)必要な時は「いいえ」と言えるか?

婚活や結婚ではお互いに譲歩する姿勢が不可欠ですが、本当に必要な時は「いいえ」という拒否の意思表示をする必要があります。

結婚すること自体が目的化して、相手に何でも譲って、イエスマンに成り下がってはいけません。

そんな関係は遅かれ早かれ破綻します。

譲っている方はストレスでしかないし、譲られている方はツマラナイからです。

ギブアンドテイクのバランス感覚を大切に出来ないカップルに未来はありません。

「いいえ」と断ることを認めない相手ならば早めに別れましょう。

まとめ:

カップルとして将来性があるかどうか見極めるのは意外に難しいものです。

何となくダラダラと間違った付き合いを続けてしまうと、一生後悔する羽目になりかねません。

自分で判断が出来ずに悩んでいる人は、この記事で述べた10項目を思い出してください。

また、結婚相談所を利用すれば、婚活カウンセラーがアドバイスしてくれます。

第三者の専門家に頼るのも賢い選択肢だと思います。

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。